退院しました。

結構な期間このブログを放置していまいました。
何かと忙しく更新が出来ませんでした。

5/26より営業を停止し入院をしておりましたが、先日手術も無事に終え退院しました。

私は、今まで特に大きな病気をしたことがなく、入院も今回が初めての経験でした。
2年ほど前に県立尼崎病院と県立塚口病院の両病院が統合された兵庫県立尼崎総合医療センターに
胆嚢摘出手術の為、入院することになったんです。

この手術、大抵の人は胆石症が原因の人が多いのではないでしょうか。
私の場合は、胆嚢腺筋腫症という胆嚢の壁が肥大する病気だったんですが。。。
ただ、ガンの可能性があるらしくて、MRI、CT、エコーの検査結果の全てに「ガンの可能性がある」という意見書付きだったので今回手術することになりました。

はじめての入院。結構緊張しましたよ(笑)

入院先の兵庫県立尼崎総合医療センターで感じた事を書いてみます。
2年前に建てられたものなのでさすがに綺麗でした。

KIMG0046.jpg

そして、病室は4人部屋という事だったんだけど、実際にはほぼ個室と言っても過言ではありません。
退院するまでの間、同じ病室の人の顔を誰一人見ませんでした。
部屋はカーテンで仕切りされてるんですけど、各ベッド毎にエアコンが装備されています。
これはビックリしましよ。

KIMG0044.jpg

4人部屋なんで、1病室に4つエアコンが装備されてるんです。

ビックリしたことはまだまだあるんですが、病院食って冷めて美味しく無いってイメージが強いと思うんですが、全て温かい状態で届くんです。朝食はパンが出ることが多いみたいですが、そのパンさえも温かいんです!
そしてそれほど不味くない!むしろ美味しいと感じる事の方が多かったです。

KIMG0048.jpg
消化器外科は最上階11階にあります。

セキュリティも良く考えられていて、病棟へはセキュリティカードが必要になり、誰でも病室に入れる今までの病院とは全く違うシステムになっています。

なんでしょう。。。病院というイメージがない病院です。
特に看護師さんの対応は、素晴らしいものがあります。

この病院のシステムなんだと思いますが、毎日担当看護師が決められ、
毎回挨拶に来てくれます。(朝から夕方、夕方から翌朝まで1日2人の担当が決まるみたいです)
手術前も、各担当の医師など挨拶に来てくれて、なんだろ。。。すごく安心感がありますよね。

患者様に接するというより、お客様に接するというイメージでしょうか。
次世代の病院のあり方を考えさせられました。
今後、このような病院がどんどん増えてほしいと思います。

気持ちよく入院生活が出来て、もし今後入院することになったとしたら、
間違いなく尼崎総合医療センターを選びます!

次に入院から退院までの流れを書いてみます。

手術前日(私の場合は午前中)から入院。
お腹の毛剃りをして、シャワーを浴び、担当医師から手術の細かな説明を受け、その日は終了。
手術当日は、朝は絶食、あと浣腸もします。

手術室に入って、担当看護師、担当医師たちが私の緊張感をほぐしてくれたようで、
冗談を言いながらいつの間にか意識がありませんでした。
目が覚めたときは当然手術も終わり、あっと言う間の出来事です。

私の場合は術後、集中治療室で約24時間居ました。
全身麻酔の影響かもしれませんが、術後あまり声が出ませんでした。

集中治療室を出て病室に戻ってからはお水と食事ができるようになります。
初めはお粥だけど、2日目からは普通食になり、チキンカツやグラタンなどが出ました。

そこからは、退院までは個人差があるみたいで、概ね術後3~7日位で退院できるようです。
退院しても、しばらくお腹の傷が痛かったりしますが、日々その痛みもなくなっていくみたいですね。

本日より、ショップの営業も再開しております。
また、頑張らないと。。。!

ではでは。
たく
Posted byたく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply