ステファニア ピエレイ

こんにちは。

未だ眠れない病から抜け出せないでいます。。。

新しい元号が発表されましたね。
昭和、平成、そして令和。3つの時代を生きてると思うと感慨深いものがあります。
次の新しい時代は穏やかな毎日を送りたいものです。
昭和生まれと言えば、もう化石扱いされそうで不安になったりしますけどね(笑)

ショップは若干、更新を怠っております。
これはいつもの放置状態ではなく、真面目に忙しくて更新できないわけです。
3月は確定申告など色々と忙しくなるのですが、4月に入りなぜか毎日忙しく更新できていません。
というか、商品を撮影する時間がなく結果的に更新ができていない状態なわけで、
楽天市場店の方がほとんど売り切れ状態になってるので、早く更新したいんですけどね。

アデニウムをご購入されるお客様から育て方を聞かれるケースが増えているのですが、
これだけ普及していても意外に知らない人が多いのかなぁって、感じています。
まぁそれほど難しくもなく比較的初心者の方でも容易に栽培でき、価格もお手頃なのでおすすめの商品なんですけどね。

それはさておき、現在、発根管理中のステファニア ピエレイ(Stephania pierrei

DSCN9508.jpg

休眠より目覚め始めています。

DSCN9509.jpg

しかし、発根していません^^;

DSCN9510.jpg

こちらは発根済みなんですが、目覚めていませんw
本当に面倒くさいです(笑)

ではでは。



植え替え

こんにちは。

いつまでも寝れない病に悩まされております。
今日は、ほぼ1日雨でうんざりしております。

毎年この時期は何かと忙しくなるのですが、今日はそのヘンに転がってるアガベの親株から仔株を外す作業をしました。
途中でラベルを挿し忘れたり、作業中に落ちたりで、半分くらい品種が判らなくなってしまいました(笑)

まだまだ小さく、もう少し大きくならないと判別不可能という状態に。
いずれにしてもこの大きさじゃ販売できないので、まぁいいかと。

DSCN9215.jpg

さてさて今日はアデニウムのお話。
昨年、タイソコトラナムってよく出回っていました。
よく見ると「違うよね」って思われる人も多くいたのではないでしょうか。

実生すると色々なものが出てくる事があり、一概に言えない部分もあると思うんですが、タイ産のソコトラナムって雑種ですよね。
純粋なソコトラナムではないと思います。
まぁ人によっては品種関係なく「アデニウム」が欲しいというお客様もいますので、
品種不明な個体が出回っても特に問題があるわけじゃないんですけどね。

また、輸入株はどうしても全く環境が違う場所へ連れて来られるので、弱い部分があるんですよね。
日本の環境に慣れるまである程度の期間が必要になってきます。

国内実生株の場合は、休眠から目覚めないことはほぼありませんが、輸入株は目覚めない個体もあるので注意が必要です。
国内実生株は休眠中でも私は水やりをしてますが、輸入株の場合は早めに水を切った方が無難かもしれません。
また、輸入株は休眠中に中途半端に水やりすると春になってさぁこれから!って時に、ある日突然腐ったりします。
輸入株のメリットは形が良いってことだと思います、パキポにも同様のことが言えますけどね。
ただ、アデニウムの場合は日本でも結構いい形に育ちますので、この辺りは各人の好みになると思うんですけどね。

あと、国内実生株と輸入株では、休眠期の違いがあります。
国内実生株は休眠期間が短い傾向にあります。
これはアデニウムだけでなく、パキポや亀甲竜なども同じです。
輸入株の場合は恐らく人間で言う時差ボケ状態になるんでしょうね。

もう、2時を過ぎてしまいました。
そろそろ寝る努力をします(笑)

ではでは。
DSCN9202.jpg
アデニウム ソコトラナム(Adenium socotranum

一期一会

こんにちは。

本日久しぶりにショップページを更新しました。
だいたい毎年1月は新春セール以降は売れません。
2月はニッパチといって2月と8月は売れない月。
我々の業界では8月は当てはまらないんですけどね。
また、2月は気温が低いため販売できる商品でも
発送できない場合が多くあるので毎年1月と2月は放置ぎみになってしまいます。

昼頃からはりきって、商品撮影していたんですが、ちょっとしたアクシデントがあり、
SDカードリーダーが突然PCに挿しても認識しなくなったんですよね。。。
慌てて近くの家電屋さんで購入してきたんですが、初期不良みたいでまた認識せず^^;
再度、家電屋さんに行き交換してもらいやっと認識して使えるようになりました。
そんな状況だったので予定してた撮影がほとんど出来ずに終わってしまいました。
途中で面倒くさくなったのは内緒(笑)

さてさて、タイトルの一期一会。
私は、植物との出会いは一期一会だと思っています。
同じ品種であっても姿形が異なり、個体によってはちょっとクセがあったり。
それは、ペットでも同じことが言えますよね。
なので、「これが気に入った」と思った瞬間に買うべきと思っています。
それは、エンドユーザーだけでなく、私自身にも言えることで
植物の仕入れの際、「これは」と思うものは即座に買うようにしています。
そして、世界中のどこかに居るであろう、その植物を待ってる人の元へ届けるのが、
私の役目だとも考えています。
植物との出会いを通し、人との出会いもまた生まれ、
出会えた奇跡に日々感謝しながら毎日を送りたいものです。

DSCN9103.jpg
adenia glauca

楽天市場の審査

こんにちは。

眠れない病はまだしばらく続きそうです(笑)

昨日に引き続き、今日は楽天市場の審査について書いてみようと思います。

私の過去の出店履歴は以下の通り。

Amazon(2015.7~)
カラーミー(2015.11~)
wowma!(2017.6~)
Yahooショッピング(2017.8~)
楽天市場(2018.8~)

※Amazon、wowma!は退店済み。

大手モールの審査では楽天市場が一番厳しく提出書類も多いです。
Yahooショッピング同様、年々審査も厳しくなってる傾向にあるようです。

楽天の公式ページには以下のように記述されています。

提出書類

●審査書類
●お取扱予定商材の販売に当たって必要な営業許可・資格等の書類(古物取扱、酒類販売、食品営業、医薬品販売等)
●商材の写真
●登記簿謄本(履歴事項全部証明書)をお送りいただく場合がございます。
※個人事業主の方はこちらもご用意ください
●住民票・印鑑証明書(共に契約開始日より3ヶ月以内に発行されたもの)
●実店舗の写真

ここには書かれていませんが、個人事業主の場合、個別に必要書類が異なるようです。
私の場合は、上記書類以外に、
◎事務所の全景写真
◎事務所のポストの写真
◎事務所に置いてあるパソコンの写真及び室内写真。
これらが必要でした。

さらに担当の方に、もしかしたら審査時、求められる可能性があるものとして、
取引先の会社名及び取引実態が確認できる書類、でした。
これは私たち園芸事業者が利用してる花き市場は不可とのことでした。
私の場合、取引先は多岐に渡るので卸会社を指定しました。
最終的には書類は不要だったのですが、そういった書類を求められる場合もあるようです。

また、無事に審査通過後、セキュリティソフトは必須となります。

Yahooショッピング同様、楽天市場も年々審査が厳しくなる傾向の原因は、
過去の出店者が犯してきた違法行為に対するもので、
モールの信頼性を確保するためには、どうしても避けれないものだと思います。
全ての出店者が真っ当な商売をしていれば問題はないのですが、
ごく僅かの、問題ある出店者のためにルールを厳格化し、
お客様が安心してお買い物をできる環境を整えるのも、
モール側が果たすべき運営責任であると思うので、
審査が厳しくなるのは必然的と言えます。

私的には、真面目にネットショップを営まれている経営者なら
審査に落ちることはないと思っています。

ではでは。

Yahooショッピングの審査

こんにちは。

また、寝れない病にかかっております。

今回はYahooショッピングの審査について少し書いてみようと思います。
私が出店したのは2017年の8月ごろ。
最近では出店審査に落ちるとよく耳にするようになりました。
出店数も今では約60万店舗?ほどの巨大モールになっているわけですが、
このまま増え続けてもYahoo側も困るでしょう。
サーバー代だけでもかなりの負担になっていると思います。
また、今年6月にはライトプランが廃止になることで、
今まで副業で出店された方がプロフェッショナルプランに移行になるようですが、
元々、ライトプランは本業の人が出店してるわけではなさそうなので
それなりに店舗数が減少するものと思われます。
ライトプランは幽霊店舗も多く、他に無在庫販売や転売屋、
偽物販売なども一斉に排除できるので良いことだと思います。
そういった意味では審査も年々厳しくなるのは仕方のないことですね。

本題の審査についてですが。

当時の私の環境は以下の通り。

◎YahooIDは新しいものを作成。
◎他にヤフオク用IDもあり緊急連絡先IDとして紐付け。
◎ヤフオクIDは当時評価が200弱、ほぼ出品での評価。
◎本店サイトを約2年ほどの運営実績。(独自ドメイン)
◎当時、プレミアム会員だった。
◎Yahooカードを持っている。

このくらいでしょうか。

次に私が思う審査落ちの原因を以下に。

◎固定電話は必須
◎フリーメール不可
◎副業は不可なので昼間でも電話を取れる状態にあること。
◎法人、個人事業主問わず、明確な住所が必須(レンタルオフィス不可)
◎過去に無在庫、転売IDは不可。
◎多少なりとも独自ドメインまたは他モールでの運営実績。

あくまでも個人的見解なので、この情報に何の保証もありません。
ただ、ショップ運営するための必要最低限のことだと思うので
これから出店される方は参考にしてみてください。

審査に通らない場合は、それなりの理由があります。
正直に全てを記入することをお勧めいたします。

今後は出店店舗の質を上げるため、さらに審査が厳しくなることが予想されます。
何度も審査落ちになる人は、どこかで運営実績を作った方が早いかも知れませんね。

ではでは。