今年の夏も・・・?

こんにちは。

タイトルの通り、今年の夏「も」天候に悩まされています。
昨年のような台風直撃は免れていますが、台風接近に伴いそれなりに影響したりしています。

そもそも、夏が短く?梅雨期が長く梅雨明けが8月前だったので、植物たちも日照不足になってしまって、ようやく梅雨が明けた!と思いきや大型のノロノロ台風があったりと、なんだかんだと今年の夏もうんざりしてる今日この頃です。

DSCN0711.jpg

昨年播種分のDioscorea elephantipesの一部。
現在栽培用の鉢から、販売用の鉢に植え替えて、販売準備をしてるのですが、この個体はあまりにも小さすぎてもう少しで捨てるところでした(笑)

DSCN0714.jpg

今は葉がありますが、植え替え当初、芋ほりの段階では葉がなかったため、よく見つけたと自分で自分を褒めてしまいましたw
100円玉と比較して、どれだけ小さいのか判っていただけると思います。

本当は、9月中旬に販売予定だったのですが、いつまでも残暑が厳しく現在も未だに夏日になったりで、せっかく出てきた葉が焼けてしまったりで販売が遅れております。

明日から10月。そして消費税10%。
憂鬱な日が今しばらく続きそうです。

ではでは。

アガベ 帝釈天 縞斑

こんにちは。

ようやく梅雨が明けたというのに台風接近ということで、またしても雨、雨。。。
かれこれ一か月くらいマトモに晴れていません。
と、いうことで約一か月ほどショップの方も更新しておりません@@

久しぶりに今日はアガベの記事。

DSCN0279.jpg
2016年実生 アガベ 帝釈天 縞斑 (Agave purpusorum variegata

2016年といっても冬前に播種したので、実質2年半?くらいでしょうか。
斑が入ってる個体を発見したのが昨年に遡るんですが、当初は斑の入り方が中斑っぽく、将来的には中斑になるだろうと予測していました。
個人的には、中斑より縞斑が好きなので、縞斑になって!と毎日神社へお参りしていました

しかし、本当に縞斑になったようですw

DSCN0273.jpg

DSCN0274.jpg

神社へお参りすると願いが叶うようです^^

冗談はさておき、斑入り発見より半年ほどは真面目に慎重に育てていたんですが、
まぁ、忙しくなると構ってられなくなるので、いつもの放置状態で。。。
あんまり大きくなっていません。
今日は、微調整のために植え替えをしたんですが、ついでに溜まってきているアガベの植え替えを一気にやりました。

まぁ。。。
パキポが面倒で、何かと時間を食われています。

ではでは。

ようやく梅雨明け

こんにちは。

やっと梅雨が明けたようです。
今年の梅雨は長いっていうか、しつこい?(笑)
例年ですと、梅雨期であっても中間に晴れる日が何日かあるんですが、
今年は、ほぼ晴れの日がなく、植物たちもかなり日照不足になっております。
約一か月近くマトモに晴れの日がなかったように思います。

さて、少し意地になってきて、バロニーを何度となく播種しており、ようやく発芽しました。

DSCN0267.jpg
パキポディウム バロニー(Pachypodium baronii var. baronii

現在2本ほど発芽していますが、あと数本発芽しそうなので様子を見てみたいと思います。

DSCN0269.jpg
パキポディウム マカイエンセ(Pachypodium makayense

こちらはボチボチ発芽してます。

DSCN0272.jpg
ステファニア ピエレイ(Stephania pierrei

ようやく根が出てきました。^^;
まだ未発根の個体が残ってるので、早く根を出さないと@@;

ではでは。

3年目の夏

こんにちは。

今日は久しぶりに晴れていました。
何日ぶりの日光でしょうか、かれこれ2週間近く天気の悪い日が続いており、植物たちも日照不足になってきております。。。

DSCN0255.jpg

パキポディウム デンシカウレ(恵比寿大黒)Pachypodium Densicaule

こちらは2016年度産の大黒さんです。
今年の夏が3度目。
結構大きくなってきたので先日3.5号鉢に植え替えたものです。

この個体は、昨年の10月頃だったと思うんですが、台風21号の影響により塩害が発生し10月なのに葉がほとんど落ちてしまったんですよね。
そんな状況のときに、楽天市場店のほうから注文が入ったんです。
一応、個体の状況と今後の見通し(株自体には問題がないので葉はまた出てくる)を説明し、購入するかキャンセルにするかお客様の方で判断してもらい、結果的にキャンセルになりました。

10月という季節柄、葉の回復期間を鑑みた場合、販売は来年になるかな?と判断して在庫切れにして現在に至っています。
今年の2月くらいに休眠から目覚め、販売するかどうか迷ったのですが、もう少し育ててみたいという気持ちが強くなって、販売はやめましたw

植物なので商品撮影後、急変することは日常茶飯事にあります。
ただ私が思うに、葉というのは言うなれば消耗品と考えるべきで、新しい葉が出てくれば古い葉は落ちていきます。
これは植物の生長サイクルなのでごく自然な現象です。

しかしながら、葉に傷がある、葉が落ちてる等々でキャンセルされるお客様は結構多いです。
特にアガベが多いです(笑)

私的に、そういったお客様っていうのは、植物を植物として見てないように思います。
インスタで自慢したい、人に見せびらかしたい等々、くだらない理由で購入してるってことは、ショップ運営を通じて判明しております。
植物が好きで、本当に大切に育ててみたいってお客様は、自然と判ってくるものです。
大切に育ててもらえない人に販売はしたくない、売りたくないっていうのが私の本音ですが、なかなか思うようにはできてないのが現状です。。。

植物を購入する際、どこが決め手になるか、それは十人十色ですが、少なくとも葉の状況ではなく、株自体の状況を考慮すべきだと私は考えております。
株自体に問題がなければ、葉はまた出てきます。
もちろん品種によっては修正に数年かかるものがあるので、そういう意味では当てはまらない場合もあるんですけどね。

DSCN0260.jpg

こちらは2017年度産の大黒さん。(3号鉢)
DSCN0262.jpg

実物は、目に見えて大きさの差が判るのですが、画像で見てみると同じように見えなくもないですね(笑)

両方、(Pachypodium brevicaule) × (Pachypodium densiflorum)ですが、
この場合、この樹形になりやすい傾向があります。

Pachypodium Densicaule × Pachypodium Densicaule
こっちのパターンはどちらか(brevicaule or densiflorum)の影響が強く出る場合が多いように感じます。

ではでは。

遅い播種、発芽率が悪すぎ。。。

こんにちは。

この時間にブログを更新するのは何か月ぶりでしょうか。。。

さてさて、パキポの播種は例年3月~4月頃なんですが、今年は何かと忙しく何もできていない状態で、
ようやく時間が空いてきたのでパキポのみ一斉に播種しました。
今年から、ピートモスの在庫がなくなっていたので、ホームセンターで売ってる播種用の用土に切り替えました。

DSCN0154.jpg
パキポディウム フィヘレネンセ(Pachypodium lamerei var. fiherenense

なぜか勢いよく成長しています。(播種より3週間目くらい)
この種は他のパキポより種自体が大きく、恵比寿笑いなどと比較すると5倍くらい大きいです。
元が大きいためたった3週間でも結構な大きさになっています。

DSCN0158.jpg
パキポディウム カクチペス (Pachypodium rosulatum ssp. cactipes

発芽率は40%くらいでしょうか。

DSCN0157.jpg

こちらもカクチペス。発芽率55%。

DSCN0160.jpg


DSCN0162.jpg
パキポディウム恵比寿大黒 (Pachypodium Densicaule

いつもの大黒さん。
今年は若干発芽率が悪いです。

DSCN0165.jpg
パキポディウム エブレネウム(Pachypodium rosulatum var. eburneum

DSCN0167.jpg

こちらのエブレネウムは発芽率がなんと!8%(笑)
全くお話になりませんw

DSCN0171.jpg
パキポディウム ホロンベンセ(Pachypodium horombense

弱々しいのが3本。。。(笑)
ホロンベンセはあまり人気がないようなので、これでいいかも?^^

DSCN0172.jpg
パキポディウム ウィンゾリー(Pachypodium baronii var. windsorii

発芽率0%(笑)
0%って^^;

DSCN0174.jpg
パキポディウム バロニー(Pachypodium baronii var. baronii

こちらも0%!
0です!ゼロ!

DSCN0177.jpg
パキポディウム ブレビカウレ 白花恵比寿笑い(Pachypodium brevicaule ssp. leucoxanthum

本当に今年は発芽率が悪いです。。。

来週からチレコドンの播種しようと思っています。

DSCN0178.jpg
ステファニア ピエレイ(Stephania pierrei

ずいぶんと葉も出てきていい感じになってきました。

ではでは。